SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: https://ciel-fashion.jp

シャワーで済ませてない?美容&健康に効果抜群の体質改善法とは

夏は暑いからといって、湯船には入らずにシャワーだけで済ませていた方も少なくないのでは?でもそれって健康に悪いって知っていましたか?シャワーでは落としきれない身体の匂いもあるんです。体の表面に付いている汚れや汗は落とせますが、毛穴の老廃物は落としきれずに匂いの原因にも。シャワーだけで済ませてしまうデメリットと、湯船に浸かると得られる効果についてお話します。

ヘルスケア・悩み 3,633 view

暑くて入りたくない日こそ入浴が必要!?

体臭対策にはしっかり汗をかくこと

出典
出典: http://amzn.to

なんとなく自分の汗の匂いがツンとする...という経験をしたことはありませんか?

それは身体に乳酸が溜まっているからなんです。乳酸はあの刺激臭の「アンモニアの発生原因」になる物質。しっかりと湯船に使って汗を流していれば、汗として乳酸が排出されるので、身体には残らず体臭になることはありません。

しかし、シャワーだけで済ませていると、入浴した場合と異なり発汗量が少ないので乳酸が体外に排出しきれないため、体臭の原因になってしまいます。お風呂に浸かってし汗をかき、しっかりと乳酸を排出することが重要になります。

リンパの流れ&血流を良くしてくれる

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

むくみを取るために効果的なマッサージを。実はマッサージもタイミング次第で、効果が大きく変わってしまいます。

入浴後や入浴中のマッサージは効果抜群!というのも、身体が程よく温まり血流が良くなっているので、身体の中の老廃物が流れやすい状態ができているからです。

入浴中はボディソープで身体を洗いながらマッサージ。お風呂上がりにはボディクリームやオイルをしっかりと塗って下さいね。コツはリンパが滞りやすい、足首から上に行くようにマッサージすること。

肌の潤いやツヤを保ってくれる

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

肌の皮脂は常に出てきてしまいますよね。しかもこの皮脂を何とかとりのぞいて綺麗にしないと、毛穴汚れの原因になってしまいます。

厄介な皮脂をうるおい溢れるツヤ肌にするためには、やっぱり肌を呼吸させることが1番。汗をかきながら、毛穴からしっかりと余計な老廃物を出すこと。そのためにはしっかりと湯船に浸かって、汗をかく必要があります。

冷え性改善にも役に立つ?!

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

女性にとっての冷えは大敵。でも女性の体はとてもデリケートで冷えやすい部分ですよね。ですがこの冷えを放っておくと将来の妊娠に関わってきてしまうので、今のうちからしっかりと気をつけていきましょう。

というのも、子宮は本来は温かい部分なんです。ですが冷えてしまったとしても、これから毎日お風呂に入ることによって内蔵を温めることができます。

そして子宮の冷えは毎月やってくる、憂鬱な生理が重くなるという原因にも。ヒドイ生理痛に苦しんでいる方は冷え性だという方が多いです。生理痛対策にも毎日の入浴から見なおしてみませんか?

毎日の入浴習慣が体質改善を促す!

湯船に浸かるのは、全身浴10分

出典
出典: http://amzn.to

ここまで入浴に関するメリットについてお話しましたが、入浴は毎日の生活の中の一部なので正しく入浴できれば身体の体質改善へと繋げていくことができるんです。

ここで具体的な方法についてお話すると、健康に効果的な入浴方法は「全身浴10分」。半身浴などといった方法もあるのですが、身体を温めて健康的にすごすためのものとして入浴を使うのであればこれで充分なんですよ。だいたい温度は39度や40度にしましょう。

それ以上の温度にしてしまうと、肌の油分を取り過ぎてしまったり、肌の保湿成分が奪われてしまう可能性があるので、あつすぎずぬるすぎずが1番ベストなのです。こうして入浴を毎日の生活習慣に取り入れられればダイエットにも高い効果がありますよ。

カラダだけじゃなくてココロにも嬉しい気持ちに

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

やっぱり欠かせないのは湯船に入ることによる「癒やし効果」ではないでしょうか?湯船に浸かり身体が芯から温かいお湯に温められていくことによって、身体が癒やされていくのを感じますよね。

いくら身体の老廃物が外に出されていても、身体自体が癒やされていなければ意味が無いのです。身体が癒されていなければ、また身体の中にストレスを貯めこんでしまいます。それが老廃物の原因になり、根本的に解決にはなりません。ですからできるだけストレスは溜め込まないように、心がけていきましょうね。