SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: http://wear.jp

世界が認める日本のカリスマ”アンダーカバー”個展開催。高橋盾が歩んだ25年の歴史とは?

日本のストリートファッションを愛していたなら知らない人はいないUNDER COVER(アンダーカバー)。創立25周年を記念してファンにはたまらない個展「LABYRINTH OF UNDERCOVER」が東京・オペラシティーにて開催中です。先日もパリコレで春夏のルックも発表され、これからもまだまだ日本のストリートを牽引して行く存在のアンダーカバーの世界を紹介します。

旅行・おでかけ 40,634 view

アンダーカバーというブランド

1990年からデザイナー高橋盾が原宿で手刷りTシャツから立ち上げたブランドUNDER COVER(アンダーカバー)。一時はプレミアがつき入手困難になる程、裏原系ブランドの代表としてブームを巻き起こしました。日本でブレイク後は、パリを舞台にコレクションを発表。ファッションにとどまらず、写真、映像作品等の制作など多彩なクリエイションで世界中のファン達を魅了し続ける日本を代表するブランドです。

クリエイションを刺激するランウェイショー

デザイナー自身「セックス ピストルズ」に強く影響を受けていると語られるようにパンクファッション的なテイストに、何重にも重なったレイヤードのものや、個性的なプリントや色彩、フェミニン・やロック系のものなどテーマに合わせて様々なテイストが混ざり合いコレクションのランウェイではその世界観が存分に楽しめます。洋服だけでなく、毎回こだわり抜かれたヘッドピースや、メイク、会場のセットまで見所満載です!

どんなファッションを提案しているの?

2015−16年秋冬コレクションは…

モデルの顔は透明なマスクで覆われ謎めいた雰囲気が印象的でした。一見、テーラードジャケット、ブラウス、トラウザー、コートなどクラシックな大人スタイルのように見えますが、よく見ると傷だらけのニット、ガラスの破片のようなものが縫い付けられたスーツ、今季トレンドのパンツは破け白衣のようなコートの胸元には傷を作るナイフの刺繍もみられました。思わず痛っ!と叫びそうなアンダーカバーのファンタジーとリアルが融合したアンダーカバーらしいコレクションです。

2016年春夏のアンダーカバースタイル

ローリング・ストーンズの楽曲が鳴り響く中、パリのサーカス会場で発表された2016年春夏コレクション。イギリスらしいチェックのセットアップ…ではなく、ジャケットは前半分だけで後ろはリボンで結ぶディテールになっていたり、バックパックとジャケット、ワンピース、トレンチコートなどが一体化されたアイテム。ストーンズの顔をトランプの合わせたプリントなど、ブリティッシュロックとマウンテンギア、そしてサーカスの要素をミックスした、これぞアンダーカバーなルックが多く見られました。楽しい全ルックを是非チェックしてみてください!

インパクト大の小物に夢中!

オンライン・デパートメントストア「thecorner.com」にも登場したアンダーカバー。様々なブランドが限定コンテンツやビデオなどを使用して、ブランドのイメージやコレクションを打ち出したアイテムはみているだけで心がウキウキ!

様々なブランドとのコラボレーション

キティちゃんとのコラボ、ユニクロとのコラボコレクションなどいままで様々なブランドとのコラボレーションを果たしていますが、今年3月には男性ファンにはたまらないストリートのカリスマ同士コラボsupreme×undercoverが前夜から大行列と大ニュースになった事も。先月上旬に即完売になってしまったスターバックスとのコラボタンブラーなど話題はつきません。

1 / 2