SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: http://zozo.jp

"ぽちゃかわいい"世界の歌姫!メーガン・トレイナーに学ぶポジティブ思考

2014年6月「All about that bass」が世界中で大ヒット。なんとそれは彼女にとってのデビュー曲だったのです。自分のコンプレックスを愛し、前向きな言葉を歌った曲が話題になりました。日本初来日も果たしたメーガンのデビュー曲はBGMとしても街でよく耳にしたのではないでしょうか。そんな彼女からコンプレックスをチャームポイントに変えるポジティブシンキングを学んでみませんか?

芸能・海外セレブ 3,951 view

メーガン・トレイナーってどんな子?

1993年12月22日に誕生したメーガン。なんとまだ22歳なのです。幼少期から音楽に興味を持ち始めました。今ではたくさんの楽器を使いこなせる彼女、ピアノ、ギター、ウクレレ、パーカッションまで扱うことができるのです。そんなメーガンは11歳で作詞をスタートし、13歳では作曲もしていたのだとか。そんなメーガンの特徴は低音ボイス。その声とメロディは一度聞くとやみつきになるようなものばかりです。

デビュー曲が大ヒット!『All about that bass』ってどんな曲?

メーガンを見たらわかりますが、身長157cm体重は約70kgほど。要するにぽっちゃり体型なのです。“自分のもっている姿をそのままさらけだして、だってあなたは完璧、つま先から頭の先までね”という歌詞があるように、自分に自身を持とう!と訴えてくれる歌詞が共感した人の間で大ヒットしました。誰かと比べるものではないでしょ。と、キャッチーなメロディと共に最後までポジティブに伝えてくれました。

『Dear future husbands』

親愛なる未来の旦那さまへ

メーガントレイナーの人気曲『Dear future husbands』。女の子の要素がふんだんに盛り込まれた一曲になっています。“未来の旦那さまへ、もし将来私のパートナーになるのならば知っていてほしいことがいくつかあるの”と、好きな男の子に聞いてもらいたい!そんな女の子のむず痒いところを歌にしてくれる彼女の人気は止まりません。

ぽっちゃりした彼女の私服は?

誰もが一度は憧れたブロンドヘアの持ち主メーガン。ぽっちゃりとした体型を感じさせないコーディネートが話題を呼んでいます。衣装でも私服でもスカートを履くことが多く、シャツはインしてウエストをあえて強調させるスタイルが特徴的です。コンプレックスを隠すことはせず、ヒールやタイツなどのアイテムで上手にメリハリをつける彼女のファッションはこの時期の着膨れ対策にもお手本になりますよ。

1 / 2