SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: https://ciel-fashion.jp

"ベースメイク"が化粧のすべて!絶対にはずせないメイクの手順とは?

メイクの基本中の基本であるベースメイク。いつものやり方で満足してしまってはダメです。実は奥が深いベース作り。もう一度やり方を見直せば、いまより数倍も綺麗な肌を作れます。メイク上手への第一歩はベースにあり!ベースメイクを極めていつでも肌美人でいましょう。

メイク・コスメ 31,501 view

ベース上手は"メイク上手"

出典: https://ciel-fashion.jp

メイクの基本でもあるベースメイク。実は、一番下手さがわかってしまう部分なんです。厚塗りになりすぎてもダメだし、薄塗りすぎて立体感がないのもダメ。ベースこそ一番時間をかけるべき所。自分のベースメイク、もしかしたら見落としてる部分や塗り方が間違っているかも?!そんな不安はここで解決しちゃいましょう。

目指すのはナチュラルなのに、作り込まれてる肌

1.下地

1.下地
出典: http://amzn.to

メイク前には必ず保湿。化粧水をたっぷりつかってお肌を丁寧にパッティング。きちんと浸透したら化粧下地を塗ります。ここで登場するのがおなじみの「ニベアの青缶」!パール大の量を手のひらに伸ばしたら、顔全体にオン。ニベアの青缶は潤いを保ちつつ、ツヤ肌に仕上げてくれるので、下地にもオススメです。

2.リキッドファンデーション

2.リキッドファンデーション
出典: https://ciel-fashion.jp

普段使っているリキッドファンデをパール大2つ分の量を手の甲に出してから、おでこ、鼻、両頬、顎先に載せます。顔全体に伸ばすのは中指と薬指を使って!こうすることで細かい部分にも塗ることができます。終わったら清潔なスポンジを使って顔全体をポンポンと押さえて、余分なファンデーションを取っていきましょう。この一手間が崩れ防止にもなりますよ。

3.コンシーラー

3.コンシーラー
出典: http://amzn.to

くまやくすみが気になる部分にはコンシーラーを使っていきましょう。気になる部分にのせたら必ず指をつかって馴染ませてください。あくまでも薄付きに。コンシーラーはファンデーションより一段明るい色を選んでみましょう。隠したいからといって沢山塗らないように注意してください。

4.パウダー

4.パウダー
出典: https://ciel-fashion.jp

パウダーは必ずブラシでのせていきましょう。ブラシに粉をつけたら、トントンとブラシをふって余分なお粉を落としてから肌にオン。こうする事で厚塗り感がなく、薄付きなのに綺麗な仕上がりになります。顔の広い部分から、くるくると円を描くようにのせていってください。

5.シェーディング

5.シェーディング
出典: https://ciel-fashion.jp

普段使っているファンデーションより一段暗い色を選んで、ブラシに取り、髪の生え際、頬骨の下、こめかみからフェイスラインの部分に「3」を描くように入れていきましょう。フェイスラインの部分はブラシをくるくるさせて必ず馴染ませて!パール感のないマットなものを選びましょう。

1 / 2