SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: http://wear.jp

キャメロン・ディアスの本がバカ売れ!美ボディを維持する5つの秘訣とは?

健康美を愛するセレブは数多にいますが、その中でも代表といえるのが、43歳になった今も美しい体を維持し続けている女優キャメロン・ディアス。自身でボディメイク本を出版するほどの美意識の持ち主。大ヒットした1冊目に続き2冊目の発売が決定し、いまやセレブ界でボディメイクにおいて右に出る者はそういないはず。そんな彼女が伝授する、体を美しく保つための5つのポイントを参考にしてみてください!

芸能・海外セレブ 5,738 view

キャメロン式ボディメイクの極意!

#1 “ながらワークアウト”を身につける

キャメロンがスリムな秘訣は「とにかく動くこと」。

パンを焼いている間は壁に手をつき、立ちながら腕立て伏せをしたり、テレビを見ている間もストレッチをしたり、合間を見つけては身体を動かしているそうです。とくに、ジャンプをしながら脚を開閉する“ジャンピング・ジャック”は一日に1度、20回行うだけでも、心臓の働きを高める良い方法なんだとか。

あのお年でこの美ボディを保つためには継続が大切なんですね。

#2 体重のためでなく、健康のために好きな運動をする

痩せるために毎日欠かさずジムでトレーニング、朝のウォーキング…この努力が続けば1番ベストですが、頑張ることに疲れてヤメてしまっては元も子もありません。

キャメロンは何よりも「楽しい」ことと「継続」を重視。自信もサーフィン、スノーボード、ハイキングやサイクリング、カヤッキングなど、楽しんで運動ができるワークアウトを日々継続しているようです。

まずは、無理なく続けられそうな理想的なスポーツを見つけてみましょう!

#3-1 おなかが空くのは赤信号!食事が健康の肝

ダイエットは身体から“必要な栄養を奪うこと”!お腹がすくということは「燃料がなくなりますよ」という身体からのサインなんです。

「過度な我慢は心にも身体にも悪い」と語るキャメロンは、小腹がすいたときにナッツやフルーツなどのヘルシースナック食べるようにしているんだとか。

ただし、普段の食事や間食が“なんとなく食べ”になっている方は「食べて良いんだ」と安心しないこと。まずは、空腹をしっかりと実感してから食事をするように心がけてください。

#3-2 いつもの食事にちょい足しで美しくなれるオタスケ食材

間食はヘルシースナック。でも、食事は何を取ればいいの?と迷ってしまいがち。炭水化物抜き、脂質抜きなど、何かを“抜く”食事よりも“足す”食事を心がけたほうが心にも身体にも健康的!

キャメロンが日々の食事にちょい足ししているのは、キヌアやブラックレンズ豆、玄米などの穀物とケール。では、このキャメロン御用達食材、一体どのように食せば正解なんでしょうか?

#3-3 キャメロンおすすめ食材のおいしいレシピ

穀物類を1番簡単に食事にプラスするなら白米とともに炊き、オリジナル雑穀米にすると◎。

キヌアや玄米は他の野菜などと一緒にリゾットにしたり、そのままクッキーなどのお菓子と一緒に焼いても美味しくいただけますし、レンズ豆は茹でればサラダやスープにしたりと使う場所を選ばないので、バリエーション豊かに使用できます。

ケールは苦味が強いので、塩を振り、レンジやオーブンでドライチップスにするのがおすすめです!

#4 嫌なところ探しはせずに、自分の美しい部分を見ること

女性は誰しも、自分の姿を鏡で見るときに「こんなところに脂肪が…」「シワが増えてる」など、あら探しばかりしてしまうもの。

しかし、キャメロンは自分の好きなところを積極的に見ることにしているんだとか。たとえおでこのシワを見つけても、「でも私の唇はぷっくりキレイだわ」といったプラスイメージを持つことが健康的なマインドにつながるようです。

1 / 2