SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: https://ciel-fashion.jp

ランジェリーにこそ女の品格が問われる。1年分の下着の選び方

よれている下着、型崩れしている下着をまだ着ていませんか?新調してから1年以上たった下着をつけていたら要注意。知らず知らずのうちに、ヨレヨレになっているかも。ヨレた下着は、体のラインを崩してしまう原因にもなります。寿命がきたら直ちに新しい下着にチェンジして。

ファッション 9,558 view

ヨレた下着は、おブス街道まっしぐら!

下着の寿命は、洗濯30回と言われています。つまり、毎日同じランジェリーを身につけているなら、1ヵ月で寿命を迎えてしまうということ。10枚の下着をローテーションしたとしても、約1年で変え買い時がやってきます。

寿命を過ぎてしまったブラを身につけていると、バストが垂れてしまうなど、デメリットもたくさん。また、バストのサイズは常に変化しているので、サイズが合わなくなっている可能性もアリ。

そうなる前に、下着はチェンジしましょう。今回は思わず新調したくなるランジェリーをご紹介します。毎年新年にランジェリーを買い換える習慣をつければ、いつでもかわいい自分で入られますよ。

いい女のランジェリー4カ条

1.下着は1年で買い換えるべし!
2.常に10枚の下着をローテすべし!
3.シチュエーション別に活躍する下着を持つべし!
4.毎回フィッティングしてサイズに合うものを選ぶべし!

この掟を守って、自分にあったランジェリー選びをスタートしましょう。今回はおすすめのブランドと買い足しランジェリーの割合をお届けします。

◼︎ブランド別ランジェリー。おすすめの買い足し枚数は?

女の勝負の時の「LA PERLA(ラ・ペルラ)」 ×1セット

1954年、イタリアで誕生したラ・ペルラ。コルセットのアトリエとしてスタートし、シルクやレースの繊細なランジェリーが世界のセレブから大人気!その分価格もハイプライスで、ブラが1枚6万円なんていうハイプライスも…。奮発して1セット手に入れて、ここぞという時に身につけましょう。

1900年代初頭をイメージしてデザインされた深紅のブラは、美しく繊細なレースが特徴的。また申年は真っ赤な下着がパワーアイテムに。ここぞという勝負の時にセレクトしましょう。

1 / 4