SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: https://ciel-fashion.jp

朝から夜まで崩さない!湿気に負けないヘアケア対策!

雨の多い季節になると、湿気でヘアアレンジが決まらないことにお悩みの方は多いもの。でも、ポイントをおさえてヘアケアすれば、湿気に負けずにヘアスタイルを楽しむことができるのです。

メイク・コスメ 3,357 view

この髪の湿気、一体どうヘアケアすればいいの?

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

梅雨が近づいてくるとヘアケアのことで頭が痛いという声をよくききます。うねったり、ぺったんこになったり…。みんなを悩ませているものの正体は湿気!これからの季節、湿気対策としてのヘアケアをしていかなければ思い通りのスタイルが作れません。

湿気に負けないスタイリング作り

夜は洗い流さないトリートメントで保湿

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

トリートメントのヘアケアを怠っていると、キューティクルがはがれた所に水分が入り、より髪が重くなって湿気の影響を受けてしまいます。夜寝る前には必ず洗い流さないトリートメントのヘアケアを。根元は避けて、ダメージを受けやすい毛先を重点的にケアします。

ドライヤーは根元から

出典
出典: http://wear.jp

スタイリング前のドライヤーのかけ方にも、湿気に負けづらいヘアスタイルを作るコツが。まずはドライヤーを一方向だけでなく、色々な方向から当てることで根元から髪が立ちあがり、ふわっとしたスタイリングが実現できます。

最後の2割は冷風で乾かす

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

髪は完全に乾かさず8割程度にしておき、最後は冷風にします。温→冷風にすると髪の水分が逃げないよう蓋をし、湿気の影響を受けにくくします。髪のツヤを出す効果もあるので、毎日のヘアケアとして試してみて下さい。

ヘアスプレーは髪が乾いてから

出典
出典: http://wear.jp

湿気で崩れないよう、梅雨の時期のスタイリングの仕上げにはヘアスプレーが便利です。使用するときは、必ず髪が完全に乾いた状態で使うように注意。濡れているとヘアスプレーの本来のヘアケア効果やスタイル維持力が十分に発揮できないことが。

内側にもヘアスプレーを

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

そして、みなさん失敗しがちなのが髪の表面にのみスプレーをしてしまっていること。内側からとWであてることで湿気でボリュームダウンすることがなくなります。

1 / 2