SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: http://wear.jp

実は苦労人?レイトン・ミースターの秘められた強さと魅力!

世界で最もセクシーな女性にも選ばれた事のあるレイトン・ミースター。ゴシップガールでのブレア役から、ワガママなお嬢様イメージが定着していますが、その素顔は少し違うみたい!彼女の魅力に迫ります。

ライフスタイル 14,150 view

レイトンといえばゴシップガールでのブレア!

大人気TVドラマ『ゴシップ・ガール」でお嬢様女子高生スタイルがトレードマークだったブレア役で一躍有名になったレイトン・ミースター。完璧主義でワガママ、欲しいものはなんとしてでも手に入れる!といったイメージが連想されがちですよね。

しかしドラマでのキャラクターとは正反対といってもいいような性格をもつレイトン。実は彼女の人生は苦労の連続で、その度々ぶつかる困難にも負けない強い精神力を持ち、女優として成功してきました。そんな彼女にまつわるエピソードや恋愛観、美容法などを今回はご紹介していきます。

女優だけじゃない、音楽活動も!

美しいビジュアルに、演技もできて、しかもこんなにきれいな声を持っているなんて!この曲は収録されているアルバムと同タイトルの「ハートストリングス(心の琴線)」という曲。自分の心の琴線(ハートストリングス)を外して、傷つきやすい自分を見せないでいること、傷ついている自分を見せないで、幸せなふりをしていることをテーマに歌ったそう。

一方でこちらの曲はロビン・シックとフューチャリングした、セクシーな曲。MVではランジェリー姿で踊っていて、ブレアっぽい雰囲気ですね。確かにこんなに素晴らしいボディを持っていたら見せたくもなります!

役柄とは正反対?レイトンの性格は?

「受け継いだバックグラウンドを言い訳にして、人生をダメにすることもできるけど、私は人生に起こったことにいつも対処してきたわ。」と人生観についてコメントしたことがあるレイトン。この言葉は、彼女の人生を知ることで重みが増してきます。実はレイトンは映画やドラマにも負けに壮絶な人生を送ってきたのです!

壮絶な生い立ち

スキャンダラスな出自

レイトンは、麻薬の密輸をしていた一家の元で生まれます。彼女が生まれた時、母親のコンスタンツはなんと刑務所で服役中で、獄中出産だったそう。かなりシビアな出自ですよね。

1 / 3