SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: https://ciel-fashion.jp

自分にあったボトムス選びは骨格が決め手!

いつもパンツはどのように選んでいますか? パンツは体型にぴったり合ったものだと、相乗効果もありスタイルもよく見えます。デザイン性とともに、骨格に合わせたバンツ選びをしてみませんか?

ヘルスケア・悩み 18,107 view

骨格に合わせてパンツを選ぼう

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

お尻の形や太ももにぴったりと合ったパンツは、全体のバランスも良く見えます。好みで選ぶのも良いのですが、骨格に合わせた選び方をすれば、より素敵にパンツスタイルが決まりますよ!

あなたはどのタイプ? 3つの骨格スタイル

ストレートタイプ

出典
出典: http://wear.jp

身体全体に厚みがあり、グラマラスなイメージの方はストレートタイプ。特徴は、胸の位置とお尻の位置が高いことです。太ったなと感じたとき、お腹が出てくるのもこのタイプ。

ウェーブタイプ

出典
出典: http://wear.jp

身体に厚みがなく、薄いイメージがウェーブタイプです。、下半身に筋肉がつきにくく、脂肪がつきやすい傾向にあります。

ナチュラルタイプ

出典
出典: http://wear.jp

肩のラインや骨が目立つ、骨太さんタイプがナチュラル。鎖骨がはっきりと出ていて、骨が大きいイメージの方です。筋肉よりも骨格や関節のしっかり感が特徴。

ストレートタイプのあなたには…ハリのあるスッキリボトム

出典
出典: http://wear.jp

女性らしい体付きのストレートタイプさんは、ハリ感のある素材のパンツを選ぶのが良さそう。また女性らしさを活かす細身シルエットの方がスタイルも良くみえます。手首足首をしっかり見せたり、かわいらしい小物を投入すると、よりレディライクな雰囲気になりますよ。

ワイドパンツも細めを意識

出典
出典: http://wear.jp

タックの入った、すっきりとした印象のワイドパンツ。小物のこなれ感とも相まって、重たくなりすぎない爽やかな印象です。ストレートタイプさんは、ワイドパンツでもずっしりしたシルエットより、やや細身の方が体型をうまく活かせます。

1 / 3