SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: http://wear.jp

秋色の濡れツヤまぶたはディオールのショウモノグロスで!

秋メイクで意識したいのが、しっとりした雰囲気のツヤっぽさ。特にアイメイクには、濡れたような見た目の『濡れツヤまぶた』に人気が高まっています。そんなトレンドメイクを作るなら、ディオールの『ショウモノグロス』がとっても優秀!アイテムの紹介と、濡れツヤまぶたの魅力をまとめてご紹介します。

メイク・コスメ 15,330 view

秋に挑戦したいトレンドの『濡れツヤまぶた』

暑い夏が過ぎたこの季節、そろそろ気になるのが秋メイク。夏みたいに鮮やかなカラーでなく、しっとりした雰囲気が欲しくなりますね。そんな秋のメイクでは、『ツヤ感』のあるメイクアップがトレンドになりつつあります。特にアイシャドウは、『濡れツヤまぶた』への注目が高まっているのです!

トレンド顔になれる、ディオールの『ショウモノ グロス』

濡れツヤまぶたにピッタリなのが、ディオールの『ショウモノ グロス』。まるで濡れたようなツヤ感と、多色ラメによる輝きが特徴の単色アイシャドウ!パウダーには、高配合のオイルが含まれているので、うるおいのあるテクスチャです。7月に発売されたアイテムですが、現行品のショウモノシリーズよりグロッシーなカラーが多く、秋メイクにピッタリ。

秋メイクのトレンド濡れツヤまぶたは、その名の通り、濡れたようなまぶたになるメイク方法。人気のメイクアップクボメイクでも取り上げられるほど、注目を集めているのです。ディオールの『ショウモノ グロス』を使えばそんなトレンドメイクも簡単にできちゃいます!

ディオール ショウモノ グロスのカラーは全6色

グラビティは、ブラック系のカラーですが、とてもミステリアスな雰囲気。ラメによるきらめきが強いので、ブラックでも明るい輝きがあります。クールでシックな顔立ちになるので、パーティーシーンにも合いそう。
094 グラビティ
¥3,600(税抜)

テンプテーションは、秋メイクに取り入れてみたいパープル。やや赤みがかった深いパープルなので、華やかな雰囲気になります。日本人の顔立ちには、うっすらと色を乗せるように、薄塗りをするのがオススメ。パーティーやデートにも合いそうですね。
184 テンプテーション
¥3,600(税抜)

テンプテーションは、秋メイクに取り入れてみたいパープル。やや赤みがかった深いパープルなので、華やかな雰囲気になります。日本人の顔立ちには、うっすらと色を乗せるように、薄塗りをするのがオススメ。パーティーやデートにも合いそうですね。
184 テンプテーション
¥3,600(税抜)

ファイヤーは、シリーズの中でもっともツヤ感で際立っている、淡いゴールド。カラーよりも、濡れたようなテクスチャが目立つので、とっても挑戦しやすいカラーです。プライベートなシーンはもちろん、オフィスでも取り入れやすいお色味になります。
564 ファイヤー
¥3,600(税抜)

リフレクションは、明るめのブラウン。健康的な印象の中に、どこか女性らしい色っぽさがあるカラーです。重ね塗りによって、印象を変えやすいので、使える幅が広いアイテムといえます。
684 リフレクション
¥3,600(税抜)

フュージョンは、可愛らしい印象があるアプリコット系のカラー。愛らしい印象を与えるので、ナチュラルな雰囲気を残しつつ、ほんのり色っぽい印象になれそう。洋服が暗くなりがちなこれからの季節、メイクで明るい印象になるのが嬉しいですね。
764 フュージョン
¥3,600(税抜)

フィーバーは、秋や冬のメイクにピッタリな、ダーク系のブラウン。一塗りするだけで、すぐにトレンドのメイクを取り入れられます。ゴージャスな雰囲気があるので、パーティーで印象付けたいとき、またバッチリメイクをしたいシーンにピッタリ!
794 フィーバー
¥3,600(税抜)

ショウモノグロスを使ったメイク方法

ディオールのショウモノグロスなら、オイルが配合されているので、濡れたような質感を出しやすくなります。塗り方は簡単で、まぶた全体に乗せるだけ。この際、単色アイシャドウなので、たっぷり塗りがちですが、以外とラメの輝きが強いので、塗り過ぎには注意が必要です。

ショウモノグロスには、専用のチップが付いています。スポンジ部分を使えば高発色で鮮やかな目元に、もう片方のブラシ部分を使えば、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。重ね塗りする程ツヤツヤになるので、シーンで使い分けて、重ね塗りの回数を調整してみましょう。

1 / 2