SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: http://amzn.to

『好きな人がいること』最終話!スキコトロスなあなたに贈る"柴崎3兄弟名言集"

月9ドラマの『好きな人がいること』がついに最終回。夏の湘南を舞台に繰り広げられた甘い恋物語は、わたしたちに夏の青春を思い出させてくれましたよね。そんなスキコトが早くも恋しい…と感じているあなたに、柴崎3兄弟の名言を集めてみました!

芸能・海外セレブ 33,901 view

いよいよ『好きな人がいること』最終話!

出典: http://amzn.to

『スキコト』最終話は、夏向(山﨑賢人さん)に告白のOKの返事をしたものの、「もう、お前のことが好きじゃなくなった」と予想外の言葉を突きつけられてしまった美咲(桐谷美玲さん)。

翌日、ダイニングアウトの反響で夏向には、取材の依頼が殺到するが、そんな夏向を美咲は気になった仕方がない様子。そんな美咲にも、ニューヨークでの仕事の話が舞い込む…という展開に。

美咲と夏向…気になる2人の運命は!?

美咲と夏向…気になる2人の運命は!?
出典: http://amzn.to

夏向(山﨑賢人さん)が「もう、お前のことが好きじゃなくなった」と言った裏には、ニューヨーク行きの話が舞い込んだ美咲(桐谷美玲さん)を後押ししたいという思いがあったからだということがわかりました。

ニューヨーク行きを決意した美咲は、最後まで夏向の本当の気持ちをわからないままお別れしてしまうのか…と心配になってしまいましたが、ニューヨークへ飛び立つ当日に、夏向が空港まで駆けつけてくれました!

空港でのキュンキュンすぎるキスシーンに、ニューヨークでのクリスマス…最後は最高のハッピーエンドで、幕を閉じましたね!ただ、もう毎週『スキコト』が見れないなんて…なんだか寂しい!

スキコトロスな方へ…柴崎3兄弟名言集

夏向ver.

夏向ver.
出典: http://amzn.to

「お前の唇、梅干しみたいだな。」

第1話で、美咲(桐谷美玲さん)に質問攻めにされていた夏向(山﨑賢人さん)が美咲の顔を見て言った言葉。夏向のいつものいやみですが、"梅干しみたいだな"には"お前、男不足だろ"なんて意味がこもっているような気もします。とにかく男性から言われるとグサリとくる言葉。でも、そこまで落ち込んでいない美咲も強いハートの持ち主…。


「今日のお前さ、格好良かったじゃん。」

第2話で、仕事に熱心で思いやりも見せた美咲に対して言った言葉。今まで、美咲にあまりいいイメージを持っていなかった夏向でしたが、美咲に対する夏向のイメージが良くなったことがわかった瞬間でしたね。そして"格好良い"という言葉は美咲が言われて一番嬉しい言葉。普通なら、何気ない会話なんて覚えている男性は少ないですが、夏向はしっかり覚えていました…夏向に100点満点あげたい!


「誰かのために嘘つくとか。それぐらいで諦められるなら、その程度なんだよ。お前の気持ちなんて。」

第3話で、千秋(三浦翔平さん)に想いを寄せる美咲が夏向に悩みを相談したときに答えた言葉。恋のライバルである楓(菜々緒さん)と友達になろうと言われてしまい、誰でも頭を抱えてしまうような状況になってしまった美咲。しかし、本当に好きな人のことが好きなら、友達だろうがなんだろうが正々堂々と、自分の気持ちを伝えることができるはず。そう、気付かされる言葉ですね。


「行くな。花火大会。」

第4話で、千秋と花火大会に行くことになった美咲に言った言葉。今までは、美咲を恋愛対象として見ていなかった夏向が次第に美咲に惹かれ、完全に好きになったことがわかった瞬間でしたね。千秋と花火大会に行ってしまう美咲を黙っては見ていられない夏向…ストレートすぎる言葉に、ドキドキが止まらなくなったはず!


「俺がいんだろ。俺がそばにいてやるよ。」

第5話で、花火大会で千秋の想いが実らなかった美咲にかけた言葉。好きな人が想いを寄せるのは自分の兄であることに、夏向も悲しい思いをしていたはず…それでも恋が儚く散った美咲を励ます優しさに思わず胸キュン!ここで一気に夏向に夢中になった女性も多いのではないでしょうか?


「だから、同情じゃねえよ。お前のこと好きだって言ってんだよ。」

第6話で、花火大会でのことを聞いてきた美咲に向かって言った言葉。花火大会では、はっきり告白はしていなかったものの、告白同然の言葉に失恋したての美咲は大混乱…そりゃ、そうですよね。でも、そんな美咲の気持ちも夏向はわかっていたはず。それでも、もう美咲の悲しんでいる姿は見たくない…そんな思いが溢れ出ていますね。


「言い訳すんな。代わりなんていねえから。お前の代わりなんていねえ、て言ってんだよ。」

第8話で、ダイニングアウトのプレゼンを諦めなかった美咲に言った言葉。美咲は夏向にとって、好きな相手でもあり仕事のパートナーでもあります。そんな美咲の代わりなんて、他にいないことを気付かせてくれた言葉。"お前以外に好きな人もできねえ"って意味も込められていそう…!


「むずかしく考え過ぎなんじゃないの。夢なんて案外ちょっとしたことでかなったりすんじゃないの。」

第9話で、夢の話をしていた美咲に言った言葉。夢はいつだって叶うことはできるはず。しかし、諦めてしまってはそこで終わりなんです。諦めず、ちょっとしたことでもどんどんチャレンジしていくことが大事なんだと…夢が叶った夏向から言われると説得力もありますね!しかも美咲が取りたくても取れなかった、ラムネのビー玉付き!


「お前がどこにいようと関係ねえ。俺がそばにいてやる。だからお前も俺のそばにずっといろ。」

第10話で、ニューヨークに飛び立つ美咲に言った言葉。第9話のラストでは、"もう好きじゃなくなった"なんて衝撃的な言葉で幕を閉じましたが、それもこれも美咲が夢を叶えるためにやったことでしたね。最後は、美咲への想いが諦められなくなっていましたが、恋に距離は関係ない。好きな気持ちがあれば、離れていようと心はそばにあるんですね。2人のような関係…とても羨ましい!

千秋ver.

千秋ver.
出典: http://amzn.to

「俺は、わかってるから。櫻井が仕事に情熱とプライドを持っているところとか、ちょっと不器用なとこも。そんな櫻井だからいて欲しいんだよ。」

第1話で、嫌がらせのキスで落ち込んでいた美咲(桐谷美玲さん)にかけた千秋の(三浦翔平さん)の言葉。憧れの人からこんなことを言われたら、いくら落ち込んでいても元気が出ますよね。また美咲のことをしっかり見守っている千秋の優しさも、この言葉から滲み出ています…!


「ねえ、知ってる?脳が楽しい状態だと、ドーパミンが出て、お腹が減らなく鳴るんだって。楽しいのは俺だけか。残念。」

第3話で、美咲と2人っきりで水族館デートをしていたときに、お腹が鳴ってしまった美咲に言った言葉。美咲も十分楽しんでいたはずではありますが、"俺のほうが楽しいよ"と受け取れる言葉。最後に付け加えた"残念"も、あんだかドキっとさせられました。ただストレートに"楽しい"と伝えるだけじゃない千秋は、なんてロマンチックなんだと思ったのはわたしだけか。残念。


「誰だって本当の気持ちは言えないもんな…こんな風にケーキに包んで届けられたらいいのにな。」

第4話で、美咲の"隠された想い"がテーマのケーキを食べたときの千秋の言葉。このときの千秋は、楓(菜々緒さん)のことを思って言ったのか、美咲のことを思って言ったのか定かではありませんが…この言葉をきっかけに、美咲が千秋に花火大会を誘っていました。人の素直な気持ちってなかなか思うように言えませんよね。でも美咲のケーキで気持ちを届けられたらなあ…と、千秋に共感した女性は多いはず。


「俺、美咲が好きだ。今さら遅いってことはわかってる。美咲の気持ちが誰にあるかってことも。だけど、それでも俺は、美咲が好きだ。返事はすぐじゃなくていいから。考えてみてくれないか。」

第9話で、千秋が美咲に告白をしたときの言葉。少し前まで自分のことを好いてくれていた子が、他の人に夢中になると、誰だってその子のことが気になってくるもの。千秋も美咲が自分を好きでいてくれていたのに、夏向に夢中になちゃって…"えー!美咲、俺じゃないの?"と感じたはず。美咲の心は、もう違う人のところにあることをわかっていながらも、きちんと告白した千秋もかっこよかったですね!

冬真ver.

冬真ver.
出典: http://amzn.to

「人を好きになるのって、大変だよね。でも、そうやって一喜一憂するのが恋なんじゃないの。どちらを選んでもいんじゃない。俺の兄ちゃんたちだぜ。だから、じっくり考えて、答え出せばいいんじゃない?」

第9話で、夏向(山﨑賢人さん)と千秋(三浦翔平さん)の間で気持ちが揺らぐ美咲(桐谷美玲さん)に言った冬真(野村周平さん)の言葉。いつもはチャラけた冬真ですが、美咲の恋は陰ながら見守ってきていましたね。ときどきアドバイスをしながらも、"夏向と千秋、どっちを選んでも俺の兄貴なんだから幸せになれるよ"とアドバイス。美咲の恋も応援しながらも、ちょっぴり兄弟愛のある言葉にキュン。

スキコトが恋しい…それだけ。

出典: http://amzn.to

『好きな人がいること』が終わり、早くもSNSでは"スキコトロス"や"夏向ロス"など、ドラマの終わりに寂しい思いをしている女性が増えています。

"わたしもドラマが恋しい!""柴崎3兄弟に会いたい!"というスキコトロスの方は、柴崎3兄弟の名言を思い出して、胸キュンしてみては?