SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: https://www.instagram.com

明日からまた頑張れる自分に。映画のヒロインから学べること

恋愛に仕事、日々の生活…。時間に追われる毎日の中で、見失ってしまっている大切なこと、ありませんか?わけもなく悲しくなったり、不安に押しつぶされそうになったり。そんな女の子に勇気をくれる映画のヒロインたち。そこには、今を生きていくためのヒントがいっぱい散りばめられています。

ライフスタイル 12,428 view

彼女たちが教えてくれること

私たちと同じように、映画の中のヒロインたちもまた、いろんな悩みを抱えています。共感できる面がたくさんあるからこそ、そこから学べることも多いのです。恋愛に仕事にライフスタイルに、彼女たちが私たちに教えてくれることとは?

−恋愛編−『抱きたいカンケイ』(原題:No Strings Attached)

あらすじ

エマ(ナタリー・ポートマン)は、ハードなスケジュールをこなす研修医。ひょんなことから再会を果たした友人のアダム(アシュトン・カッチャー)と、恋愛感情もないのに肉体関係を持ってしまいます。果たしてそこから生まれる愛はあるのでしょうか…?

理想の男性の選び方

あなたが意地っ張りでなかなか素直になれない女性なら、アダムはまさに理想の男性。あからさまな演出を嫌うエマは、初デートの前に「花束なんて持ってこないでね」と言います。そこでアダムが持ってきたのはなんと人参の束。「花はダメって言うから…。」かわいい!ちょっと頼りないけど純粋に愛してくれる。そんな男性、見過ごしていませんか?

素直になれないあなたへ

この映画は、素直になれない女子のバイブル。傷つくことを極端に恐れるエマは、次第に抱いていくアダムへの感情を否定しようとします。その結果遠回りをしてしまいますが、だからこそ見えてくる答えもある。傷つくことを恐れずに自分の気持ちに素直になることの大切さ、それをエマが教えてくれます。

−仕事編−『マイインターン』(原題:The Intern)

あらすじ

ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを運営する若きCEO。急成長を遂げる会社で激務をこなす彼女ですが、大きな決断に迫られます。彼女をさりげない優しさでアシストするのが、新人として入社したシニアインターンのベン(ロバート・デ・ニーロ)。いつしか二人の間に信頼と絆が芽生え始め…。

働くママに教えてくれること

CEOでありながらママという顔も持つジュールズ。その激務ゆえ育児は主夫である夫に任せてしまいがち。そんなジュールズに対して冷たい視線を送るママ友たちにベンは、「子供を持つ女性が社会で働くのはまだ難しい時代。あなた方はさぞかしジュールズが誇らしいでしょう。」働くことに引け目を感じないで!そう教えてくれる言葉です。

1 / 3