SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: http://wear.jp

巻き方で印象が変わる!マフラーはあざとく"計算して"巻くのが正解

マフラーやストールが欠かせない冬の時期。同じ柄の巻物でも、巻き方を見直せばマンネリを回避できそうです。小顔効果も期待できるマフラーやストールは、巻き方をアレンジして防寒アイテムからモテアイテムに昇格させましょう。

ファッション 10,786 view

ただの防寒アイテムじゃない!小顔見えとモテ効果も…?

出典: http://wear.jp

体を冷やさないためには首の後ろを温めるのが良いと言われていますが、まさにマフラーはその役割を果たしてくれるので、マフラーを忘れた日の寒さは堪え難いですよね。

でも、マフラーはただの防寒アイテムではなく、首元にボリュームを持たせることで小顔見えしたり、ぐるぐるとマフラーを巻いた姿は男性の好きなスタイルでもあります。

出典: http://wear.jp

せっかく、女性にとって嬉しい効果が期待できるマフラーなので、アレンジの幅をきかせておくのが正解です。

あらゆる巻き方にチャレンジしてみたいなら、長くて大きなマフラー(またはストール)がマスト!

洗練見えするマフラーの巻き方のコツって?

#髪を巻き込んで無造作にぐるぐる巻く

#髪を巻き込んで無造作にぐるぐる巻く
出典: http://wear.jp

もっともシンプルなマフラーの巻き方は、首の周りにぐるっと巻いただけのスタイル。モテポイントは、髪を一緒に巻いてしまうところ。実は暖かさも増すんですよね。2周巻いてボリュームを出すこともお忘れなく。

#首とマフラーの間に"隙間"を作る

#首とマフラーの間に
出典: http://wear.jp

カジュアルになるマフラールックに抜け感をプラスしたいなら、マフラーをいつも通り巻いたあとに前をグッと引っ張って、首とマフラーの間をあけるのが正解です。ボリュームもより表現できるので、小顔見えに拍車がかかりそう。

#あえて左右非対称に巻く

#あえて左右非対称に巻く
出典: http://wear.jp

マフラーを巻くとき、綺麗に巻こうとしすぎることってありませんか?たしかにきっちり巻いた方が上品に見えるのですが、こなれて見えるのは断然"ラフ"に巻いた方。少し崩れているくらいがちょうどいいので、あざとく左右非対称に巻いてみると◎。

マフラーのこなれ巻きをマスターしてみては?

出典: http://wear.jp

たとえ新しいマフラーを今年用に買い足さなくても、巻き方を変えるだけで新鮮に見えるはず。マフラーの巻き方を見直して、計算されたかわいさを演出してください。