SHERYL [シェリル] | ファッションメディア

画像出典: https://ciel-fashion.jp

どんな服も似合う体型に!”ファッショニスタ筋”を鍛えよう

服をかっこよく着こなせる人は、ボディだってかっこいい。適度に筋肉がついてメリハリのあるボディだから、どんな服を着てもキマるんです。ファッショニスタの美ボディを手に入れるには、ファッショニスタ筋のトレーニングが鍵!

美容 29,908 view

細すぎも太すぎも、おしゃれに見えない

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

細ければ細いほどいい…というのはもう時代遅れ。単に細いだけじゃ、どんなファッションをしたとしても“不健康”なイメージが先立つもの。もちろんお肉のつきすぎも、だらしなく見られやすいんです。似合う似合わない以前に、綺麗に着こなせる体型になることはとっても重要。

服が綺麗に着こなせる体型って?

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

多くのファッショニスタがかっこよく服を着こなしているのは、服が似合うそれなりのボディを維持しているから。細すぎもダメだし、太り過ぎもダメ。もっともかっこよくファッションが着こなせる体型って?

程よくついた筋肉が鍵!

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

筋肉が必要なのは男性だけじゃありません!女性こそ、細く引き締まった筋肉があるから様々な服を着こなすことができるんです。服を綺麗に着こなす為のファッショニスタ筋がポイント。あなたもファッショニスタ筋を鍛えて、着こなしレベルを上げませんか?

ここを鍛えよ!服が似合うファッショニスタ筋トレーニング

ウエスト

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

ファッショニスタ筋の代表といえばズバリ”ウエスト”。夏場にごまかしの効かないこのパーツを鍛えて、フィットするトップスや水着をかっこよく着こなしましょう。腹筋のラインはもちろん、くびれも重要!

【ウエスト引き締めのトレーニング】

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

① 足を肩幅に広げて立ち、腕を組む。

② 下半身は動かさず、ウエストをひねって上半身だけ右側を向く。

③ もう無理というところで30秒キープ。

④ ①〜③をお腹をへこませたまま息を吸い、吐きながらキープする。反対側も同様に行う。

お尻

出典
出典: https://ciel-fashion.jp

お尻の筋肉が衰えると、ついている脂肪も一緒に垂れ下がります。これではデニムを綺麗に履きこなすことはできません。お尻の筋肉を鍛えて、キュッと上がったヒップラインを実現!タイトなボトムスに断然自信がつきますよ。

1 / 3